アイピルは緊急避妊薬に使われているものなので、長い時間にわたって服用してしまうと女性ホルモンのバランスが変えるまでに多少副作用がでる場合もありますが、安定するとこれらの不快な症状は出なくなります。ここからアイピルの副作用詳しく説明します。
一般的には、どのアフターピルにも同じ反応がありますが、アフターピルによってある程度異なる場合もありますので、購入前にはアイピルの副作用の確認をしてから購入したほうがいいです。あくまでも避妊薬なので、性に関する感染症などを予防することはできないので、そのためにはコンドームなどを利用しましょう。
副作用は、個人の体調により違い症状がありますが、吐き気と頭痛、便秘、下痢などがあります。吐き気などの症状がおこる場合がありますので、なるべく食後のアイピルの服用オススメします。それに、個人差の場合によっては不正出血もあります。
これらは短気な症状ですが、症状が厳しくなったり、長引く場合には病院に行き、専門医師とご相談しましょう。服用してから2時間以内に吐いてしまったり、下痢になってしまった場合は、お薬も体外に排出されてしまうので、その場合は吐き気が収まるを待ってから、もう一度服用して下さい。
吐き気を抑えるためには、食後の服用がおすすめです。ホルモン調整をムリ矢理行うので、体にはそれなりに負担が掛かります。常用ではなく、あくまで緊急避妊薬という認識を持ち、長期的に避妊したい場合は、副作用の少ない低用量ピルなどの方がおすすめです。