アイピルは受精を阻止したり、受精卵が着床するのを防止する作用することができます、性行為から24時間以内の服用で95%、72時間以内の服用で75%の妊娠回避率があると言われています。アイピルは避妊に対してとても高い効果が期待できる薬ですが、でも、その反面で副作用が起こる場合もあります。

アイピルの成分は女性ホルモンであり服用することで子宮内膜を剥がして緊急に避妊を行う働きがあります。そのため、吐き気やつわり感の症状を一時的に引き起こす場合が現れています。

アイピルの副作用は吐き気止めを服用することで症状は抑えられますが、注意すべきことは吐き気止めの薬を服用してからアイピルを服用することが望ましいことです。アイピルを服用後1時間以内に吐き気した時、アイピルの薬効が発揮されないことから言われています。
また、体質によっては頭痛が起きる場合もあります。これらの症状はホルモンバランスの変化によって引き起こされるものです、ほとんどの場合は1日ほど経過すると治まります。

アイピル他の副作用の症状としては、全身の倦怠感、下腹部痛、月経出血量の増減などが見られている場合もありますが、いずれにしても数時間から1日程度で改善されることがほとんどです。

アイピルを服用する際の注意点として、服用中の喫煙は控えるようにして下さい。アイピルはタバコとの相性が悪いから、血栓症を引き起こす要因となることがあります、服用後の喫煙はリスクを高めることになることを知っておく必要があります。

もし何度か服用して毎回のように副作用が現れる場合は服用を見合わせた方が良いです。アイピルはあくまで緊急用の避妊薬ですから常用しないようにしましょう。

アイピルの副作用をまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です