アイピルとは、Piramal Healthcare社が開発されているアフターピルで、ノルレボのジェネリック医薬品です。

これがすべての女性に適応ではありませんが、以下のような人が御注意ください。

妊娠を望んでいない場合、避妊に失敗してしまったら、精神的にも身体的にも大きな刺激をもたらします。

「望まない妊娠はしたくない!」と思いなら、つい決められた用量以上の量を服用してしまいます。

でも、多量を飲んだからといって、避妊の効果が高まるということではありません。

通常の薬に比べてアフターピルの成分は強いので、体に深刻な影響を与えてしまいますが

服用の前は冷静になり、決められた量を使用してください。また、以下の人は服用できないので、御注意をください。

1.妊娠中の女性

アフターピルを服用すると、女性ホルモンの分泌などがコントロールされ、数日で生理の症状が引き起こされるようになります。

直接的に胎児への影響はないとされていますが、妊娠中の女性は、通常よりも女性ホルモンが過剰に分泌されている状態なので、母体に悪影響を与えるようです。

2.子宮体がんや高血圧、糖尿病、偏頭痛の持病がある人、肥満の人、手術後または手術予定の人

ピルには、血液を凝固させ、血栓を作る副作用があります。そのため、心臓と循環器系に影響を与える可能性があり、

喫煙者や高血圧などの人は慎重に服用しなければなりません。ですが、必ず服用前に専門医師に相談してください。