アイピルの効果
アイピルはシプラ社によって開発された女性用アフターピルです。性行為後で望ましい妊娠を避けるために、使われている緊急避妊薬です。アイピルに含まれている有効成分レボノルゲストレルは排卵を抑制したり、受精卵の着床を妨げたりすることで、事後避妊の効果を実現します。

アイピルはアフターピルとして、避妊効果はほとんど服用時間に決められていると言われています。通常、性行為後で24時間以内で服用したら、避妊率は95%に達することができます。性行為後から25~48時間経過後で服用するなら、85%の避妊率を得ることはでき、性行為後から49~72時間経過後でアイピルを服用する場合、避妊率はただ58%です。

それで、アイピルの効果は100%ではなく、アイピルは避妊を失敗することもあります。個人差の他には、有効時間を超えたら、受精卵が着床してしまった確率は高いと認められていますから、避妊失敗になりやすいです。それで、妊娠の可能性があることを気づいたら、早めに服用してください。

アイピルの服用方法
アイピルの服用方法について、性行為後、72時間以内に1錠を水で服用します。アイピルはホルモン剤ですから、アレルギー体質、肝臓に重篤な障害のある人、妊娠中の人は服用する場合、大きいリスクがありますから、服用前に医師に確認をしてください。また、アイピルはほかの薬と一緒に服用できない場合もありますが、注意してください。

服用後、悪心、下痢、吐き気、腹痛、頭痛、だるさ、不正出血などの副作用が出ることがあります。ほとんどの場合、それらの副作用は数時間から半日で改善されることができますから、安心して利用することができます。特に、アイピルを服用してから、3日~21日で出血の症状があり、その出血を消退出血とも呼ばれています。消退出血は子宮内膜を剥がすために、引き起こされる出血です。消退出血がなければ、妊娠している可能性があリますから、確認してください。

100%の避妊効果を求めるために、大量に摂取することは禁止です。アイピルの過量摂取は体にかなり負担をかけることになってしまうことができます。それに従って、ひどい副作用が起こりやすいと認められていますから、正しい用法と決められていた用量を厳しく守ってください。使用中、不快感が長引いたり酷すぎる場合、早めに医師と相談してください。

アイピルの個人購入
アイピルの個人購入の場合、アイピルの服用時間は制限がありますから、常備薬として前もって購入したほうがいいと考えられています。また、できるだけアイピルの偽物を手に入れないように、正式なアイピル通販サイトを選んでください。

アイピル購入|ノルレボジェネリック|緊急避妊ピル|JPDrug

トリキュラーはバイエル社が製造販売される低用量避妊ピルの一つです。これは、身体にあまり負担をかけない方法で避妊することが可能です。トリキュラーの有効成分は、エチニルエストラジオール・レボノルゲストレルとなっています。排卵を抑制する作用、精子が子宮に入りにくくなる作用、受精卵の着床を防ぐ作用、これら3つの作用により妊娠を防ぎます。

ロエッテは、低用量ピルの中で一番避妊効果が高い商品です。主成分に緊急避妊薬のレボノルゲストレルも同成分の含まれているので、モーニングアフターピルとして利用されることもあります。超低用量ピルで避妊や生理痛目的に優れた効果もあります。